ボールペン0.5mmと0.7mmの比較

文房具の中でも、筆記用具は毎日とは言わなくとも、かなりの頻度で使うのではないでしょうか?

その中でもボールペンの登場回数が多いと思われます。サインする際であったり、大事な書類を書くとき、はたまた飲食店で順番待ちをるのに名前を書くときであったり。これらの時に使うのはやはりボールペンです。

しかし、ボールペンと言いましてもその種類は豊富であり、ペンのサイズから、重さ、軸の太さ、機能性などとありますが、みなさんは

どの太さのペンを使っていますか?

 

ボールペンの太さ

ボールペンの太さ、実はかなりの種類があるのをご存知ですか?

細いものから順番に並べていきますと

0.3mm
0.4mm
0.5mm
0.7mm
1.0mm
1.2mm
1.6mm

ZEBRA公式ホームページ 参照

これだけ種類の多いボールペンですが、多く使われているのは0.3mm〜1.0mmの範囲ではないでしょうか?

そしてこの中でも0.3mmは細い、1.0mmは太いというイメージがあると思われます。

しかし、この中間の0,5mmと0,7mmの差はどうでしょうか。

先日私が飲食店に並んだ際、某ファミリーレストランでは0.5mmが置いてあり、別の店舗には0.7mmが置いてあり、役所に行った際は0,7mmのもの。

このように0.5mmと0.7mmの使用される頻度はかなりのものであります。

 

0.5mmと0.7mmの比較

そこで、この2種類を比較してみたいと思います。

今回使用するボールペンは

三菱の「ジェットストリーム 4&1」です。

ジェットストリームをAmazonで検索する

価格は店頭では1000円。黒、赤、青、緑の四色に加え、0,5mmのシャープペンが加わった、多機能型ボールペンです。

こちらがそのボールペンです。左が0.5mm、右は0.7mmです。

持ったサイズ感は変わらず、芯の太さだけが変わります。

それでは実際に書いてみましょう。実際に書いてみたサンプルがこちらです。

赤文字が0.5mm

青文字が0.7mm

写真だとうまく伝わり切らないかもしれませんが0.7mmのほうが若干太いのが見えますでしょうか?

この若干の差でかなり見やすいです。

たた0.2mmの差ですが、かなりみやすさは違います

そしてこの0.2mmの差が書き心地の差に大きな影響を与えました。

結論から言いますと、0.7mmのほうが、なめらかで書きやすいです。

これは比べて書いたからこそ気づけたのだと思います。0,5mmの場合は紙によってはかなり引っかかりを感じていました。紙の繊維なのか、ちょっとした段差のようなものにつまずくような感覚です。

この感覚が0,7mmでは、無いのです。スルスルっと滑るような、とてもスムーズな書き心地です。

 

光回線は限定キャンペーン満載のネットモバイル【So-net光】

0.5mmをずっと使っていたら気づかなかったかもしれませんが、比べてみたときに意外とこれが気になりました! 0.5mmも決して悪くは無いのですが、どうにも気になってしまいましたね。この書き心地の差は書く人にとって最も大切なことですので、こんなに違うことに正直驚きです。

 

まとめ

 

0.5mmと0.7mmでは、書いた文字のみやすさはかなり違う。0.7mmは太さがある分見やすいが、細かいところに書くのには0.5mmの方が適している。

ジェットストリームをAmazonで検索

スポンサーリンク

黒いちごのTwitterはこちら

おすすめの記事