日清のキャットフード「懐石シリーズ」

猫のキャットフード、皆さんはどのようなものを使われていますか?

特にドライフード、種類は缶詰ほど多くないですが、その分好みの別れかたも差があるのではないでしょうか?

そのなかで、今回は日清から出ているキャットフード(ドライ)の懐石シリーズに焦点を当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

懐石シリーズとは

 

写真は懐石シリーズの腎臓ケアのものです。

懐石シリーズは

2dishや4dishと複数の味が一つのパックになっており、一パックで複数皿分のものと、zeppinという一本一皿量のものがあります。

dishシリーズのものは一箱320グラム4袋

zeppinシリーズのものは一箱220グラム10袋

という量で販売されており、価格は変わりません(店舗により異なります)

懐石シリーズという言葉通り、厳選した素材を使用されています。

 

 

懐石dishシリーズの比較

 

そして今回注目を当てたいのはdishシリーズの方です。

こちらをご覧ください。

こちらはdishのカリカリの一つです

お皿に盛るとこんな感じです。

そして

こちらが腎臓ケアのdish

お皿に盛るとこんな感じです

ご覧いただいてお気づきでしょうが

全然中身が違います

腎臓ケアの方には緑や赤いカリカリは入っていません

腎臓ケアの方ですが、成分も違ってきております

腎臓ケアの方は

無着色・薄い小粒・抗酸化成分アップ・低タンパク・低リン・塩分控えめ

といった

腎臓ケアならではの特徴があります

さらに

マグネシウムの量を調節することによりphのケアもされるのです

実際にあげてみて

 

食いつきは良いです、そしてトイレの感じが変わります。

これは今まで大量で大きな塊になっていたのが、そこまで大きな塊が出なくなったことです。

さらに、関節痛にもいいのか、膝関節痛を患っていた子が、以前のような痛みを見せることなく走ったり飛んだりしています。

しかし、腎臓ケアの特徴の低タンパク、塩分控えめによって

飽きてしまいやすいのです。

この場合の対策ですが、ふつうのカリカリと混ぜるというのが有効です。

どうしてもねこたちも飽きてしまうので混ぜてあげることにより、飽きてしまった時は食べてくれやすくなります

 

まとめ

 

[box05 title="懐石シリーズ"]懐石dishシリーズは、猫たちのことを考えて作られ、また、腎臓ケアは、腎臓病の多い猫のために、低リン、低タンパクと、うれしい成分であるが、それだけだと飽きられてしまうため、腎臓ケアではないものと混ぜると良い[/box05]

やはり猫と暮らす上で気になる腎臓ケア

大事な家族ですので長生きしてほしいなと思います。

腎臓ケア食品、手にとってみてください。

スポンサーリンク

黒いちごのTwitterはこちら

おすすめの記事