川遊びに持っていきたいおすすめの道具「持って行かなくて後悔したものたち」

先日川へ遊びに行ってきました。

そこで私に待ち受けていたものは、後悔の連続でした。

[chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]何があったの?[/chat] [chat face="ma[chat face="IMG_0430-e1561468812545.jpg" name="黒いちご" align="right" border="gray" bg="gray" style="maru"]実は、これを持ってきていればよかった!というものがたくさんあったのです![/chat]

そう、私が後悔したのは「これを持っていたならば・・・」

という道具だらけだったことなんです。

そこで今回の記事では、これから川遊びをするのににおすすめの持っていればよかったと後悔した道具を紹介していきます。

スポンサーリンク

川遊びでもっておきたい道具ー「シューズ」

まず最初に絶対に持って行ったほうが良い物が、シューズです。

シューズ?と思われる方、本当にこれはあったほうが良いのです。

川に入るとき、川底は海と違い石が多いのです。

実際に私はただの靴しか持っておらず、裸足で入りました。

[chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]裸足で入れるならいいんじゃないの?[/chat]

このように私も思って入ったのですが、痛いのなんの!

裸足ではまるで足裏のツボをギューギュー押されるがごとく、全然歩けません。

少し歩くたびにとても痛く、ほとんど動けなくなってしまいました。

そのためにシューズがおすすめなのです。

マリンシューズ

マリンシューズを持っていれば、川の中でも、川から上がってからでも歩くことができます。

マリンシューズは足首もしっかりとしているので、脱げてしまう心配がまずありません

さらにシューズが流されてしまう心配もありません

サンダルと違い、靴として履けるので、転ぶ確率も抑えられ、けがの防止にもつながります。

クロックス

またはクロックスのようなものがあるとよいです。

ビーチサンダルは、足首のところで固定するものがないため、流されてしまいます

そのために、マリンシューズやクロックスなどが良いのです。

履いてるものが流される心配もなく、足の裏もいたくないために十分に遊ぶことができます。

川遊びで持っておきたい道具ー「簡易テント」

日差しをよけ、熱中症の予防にはこれがないと厳しいです。

それがテントです。

最近のテントは本当に進化しています。

開くのも簡単になっており、ワンタッチ式のものが多くなっています。

さらにコンパクトなものがかなり増えています。

ワンタッチ式小型テント

最近のテントはワンタッチで開けるようになっています。

その中でもおすすめなのが小型テント。

荷物を置いておくにもよく、人が少し休むのにもちょうど良いです。

さらにどうしても濡れてしまうと着替える必要が出てくる場合があります。

そのためにも簡易テントは非常に便利です。

たたむときも、大きなものより楽で、サイズも小さい分、持ち運びにも楽なのです。

そのために小型のテントがおすすめなのです。

かや付きテント

なぜかや付きなのかと言いますと、休むのに締め切っていると暑いです。

しかし、あまりオープンにもしていたくないときありませんか?

そんなときにかや付きのテントであれば、風邪はちゃんと入ってきます。

しかし、周囲は完全にオープンにしているときほどは気にならない。

そのため休むときにのリラックス感が変わり、しっかりと休むことができるのです。

川遊びで持っておきたい道具ー「チェア」

川遊びって想像以上に疲労します。

実際に私も疲れ方が違い、かなり疲弊しました。

そのために休憩知ることはどうしても必要になってきます。

そのためにチェアがあったほうが良いです。

定番!アウトドアチェア

定番中の定番ではありますが、これがあったらと何度も思いました。

川なので椅子はありません。

座るにも痛いです。

本当に定番の折り畳みチェアですが、あったらよかったと何度も思いました。

折り畳みベンチ

川に限ったことではありませんが、食事の時は椅子に座れたほうが楽ですね。

折り畳みのチェアはベンチタイプもあります。

複数名でいっぺんに座れる。

たくさん折り畳みチェアを開く必要もないため、片付けをするのも早く済みます。

川遊びに持っていきたいおすすめの道具ー机

チェアと共に使う机、よりも、おすすめなのはこちら。

折り畳みコンパクトテーブル

このようにコンパクトな折り畳みテーブルが周りで大活躍でした。

何かを食べるときにちょっと置きたいとき、やはりテーブルがあると便利です。

さらにこのサイズならばテントの中にも入れられます。

それにより、荷物を下に直接置きたくないものを置くのにも使えます。

さらにこのような、カップ置き場の付いたテーブルも見かけました。

飲み物を置いておくのにもやはり便利ですし、食事の時に役立ちます。

キャリーワゴン

これを見たときは驚きでした!

これは120㎏までの重さに耐えられることから、小さい子供を乗せている人がかなりいました。

車から歩くのには大変な距離をこれに乗せてくるのです。

もちろん荷物を載せておられる方も大勢いました。

どうしても荷物が必要になってくるアウトドアには最高の運び道具です。

川遊びの道具は準備万端に!

川遊びの時は様々な道具があるととても楽ですし、楽しめ方も変わってきます。

もしもこれらがあれば、私も全然疲れ方も違い、もっと楽しめたのにと、持ってきていなかったことを後悔しました。

もし川遊びに行くときは道具をそろえ、準備万端で行くことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

黒いちごのTwitterはこちら

おすすめの記事