大人のミルクの記事のアイキャッチ

大人のミルクって知っていますか?

大人のミルクと言うのは、赤ちゃん用の粉ミルクを大人用に改良して作られたものです。

赤ちゃん用の粉ミルクから大人に必要な成分を増やし、必要のない成分を減らしたものになっています。

そのため大人のミルクは栄養豊富で、健康やダイエットにも良いものです。

この記事では、大人のミルクを2年以上飲み続けての体験談を含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

大人のミルクとは

初めに紹介したように、大人のミルクは赤ちゃん用の粉ミルクを大人用に改良して作られたものです。

タンパク質からたくさんのビタミン、カルシウムやリン・葉酸、リノール酸やαーリノレン酸などと、日常的に不足しやすい成分から、摂取が難しい成分まで入っています。

たくさんの栄養を一度にとれるのは、とても便利でありがたいですね。

粉ミルクになっているので、溶かして飲むこともできるし、料理などに入れて食べることもできます。

大人のミルクの価格

大人のミルクはドラックストアで購入することが出来ます。(もちろんネットでも)

店舗やメーカーによって差がありますが、価格は大体1,500円から2,000円ほど。

必ずしもネットのほうが安いわけでも、店舗のほうが安いわけでもありません。

どこで買うか次第というところです。

主な販売メーカー

大人のミルクはいくつかのメーカーが販売しています。

  • 森永乳業
  • 雪印ビーンスターク
  • アサヒグループ食品
  • 救心製薬
  • ユニマットリケン

他にも販売しているメーカーはありますが、主な販売メーカーはこれらになります。

大人のミルクは栄養豊富‼

大人のミルクはとても栄養が豊富です。

タンパク質から各種ビタミンなどいろんな成分が入っています。

普段摂取することの難しい栄養も、1杯でたくさん摂ることができるのは、ほかのサプリメントとは違うところですね。

その中から、私の飲み続けている「雪印ビーンスターク」の「プラチナミルク」の栄養成分を紹介します。

この豊富な栄養が、この後に書いている「実際に飲み続けての変化」や「ダイエットに効果的な理由」に重要なことになります。

エネルギー 82kcal
たんぱく質 5.0g
脂質 1.8g
炭水化物 11.5g
食塩相当量 0.17g
ビタミンA 209µg
ビタミンB1 0.18mg
ビタミンB2 0.18mg
ビタミンB6 0.12mg
ビタミンB12 0.50µg
ビタミンC 10mg
ビタミンD 0.3µg
ビタミンE 1.0mg
ビタミンK 4.7µg
ナイアシン 1.8mg
パントテン酸 0.4mg
葉酸 13µg
カルシウム 150mg
リン 106mg
鉄 0.38mg
カリウム 214mg
マグネシウム 12mg
亜鉛 0.7mg
セレン 3.0µg
モリブデン 5.0µg
トリプトファン 66mg
リノール酸 240mg
α-リノレン酸 43mg
ガラクトシルラクトース 200mg

栄養成分を見てもらっただけでも、本当にたくさんの栄養を摂ることができるのを感じてもらえるでしょう。
日頃不足しがちな栄養だけでなく、α-リノレン酸やリノール酸というオメガ3・オメガ6というなかなか日々取りにくいけれど大事な栄養まで摂ることができます。

実際に飲み続けてみての変化

実際に、家族で大人のミルク(雪印ビーンスタークのプラチナミルク)を2年以上飲み続けているのですが、いくつか体に変化がありました。

  • 肌の調子が良い
  • 髪の毛の状態が変わった
  • 頭の疲労・体力に変化

この3つは体感的に変化を大きく感じられることです。

肌の調子が良くなった

肌の調子には栄養状態が出る、ということはよく言われますね。

実際に、豊富に栄養を摂ることのできる大人のミルクを飲み続けて肌の調子はかなり良くなりました。

肌ツヤが良くなっただけではなく、ビタミンなどが多いからかシミも減った実感がもてます。

肌の調子には栄養状態が出るというのを身をもって感じ、それだけ日々の食事だけでは栄養が足りていなかったというのを実感しました。

髪の毛の状態の変化

肌の状態と同じように、髪の毛にも栄養は欠かせないとよく言われますが、本当にその通り。

白髪って栄養で減るんですね!

大人のミルクでたくさんの栄養を摂ることができるようになってから、白髪は減るし髪の毛のごわつきもなくなったし。

逆に日々どれだけ栄養が足りてなかったんだ・・・と驚くほどです。

頭の疲労・体力の変化

頭を使う作業や仕事をすると脳が疲れるという感覚ありませんか?

疲れすぎると次の日になってもボーっとしてしまったり。

これがなくなりました。

つまり栄養が脳に補給されるからか、頭はクリアになるし、疲れが全然違い、飲んだ次の日は楽!

体力的にも回復が早いので、大人のミルクを飲むようになってからは頭の疲労や体の疲労はかなり減りました。

大人のミルクはダイエットにもおすすめ‼

大人のミルクは栄養が豊富なため、ダイエットをしている人にもおすすめです。

さまざまな栄養が入っていますが、脂質の量は少なく、タンパク質は多く入っており、ダイエット向きになっています。

そしてダイエット中はどうしても栄養が偏ってしまったり、運動する分お腹もすいたりしますよね。

そんなときに大人のミルクはカロリーも少ないので気にせず飲むこともでき、栄養も補給できるため、間食にも適しています。

だからダイエット中の人にもおすすめなんです。

大人のミルクの飲み方

大人のミルクは粉ミルクになっているので、お湯や水で溶かして飲むことができます。

必ずしもお湯や水でなくても、牛乳で割ることも、コーヒーやお茶で溶かして飲むこともでき、温かくても冷たくてもおいしいです。

メーカーによって味が違うので、製品ごと飲みやすさやおすすめの飲み方は多少変わってきます。

それでは「森永乳業」の「大人のミルク生活」と、「雪印ビーンスターク」の「プラチナミルク」の2つで味とおすすめの飲み方について紹介します。

森永乳業ー大人のミルク生活の味とおすすめの飲み方

森永乳業の大人のミルク、商品名「大人のミルク生活」はバニラ系の味です。

そのため、もともと甘みもありそのままで飲んでも飲みやすくなっています。

逆に何かに混ぜるときには甘みがつくことから、甘さを念頭に置いて混ぜることになるので、そのまま水やお湯で混ぜるほうが飲みやすい人も多いかと。

ただ、紅茶などにいれて飲む分には甘めのミルクティーのようになるので、甘い飲み物が得意な人には混ぜて飲むのも良いかと思います。

雪印ビーンスタークープラチナミルクの味とおすすめの飲み方

雪印ビーンスタークの大人のミルク、商品名「プラチナミルク」は薄い牛乳のような味、脱脂粉乳を飲んだことのある人は脱脂粉乳のような味です。

そのため、そのまま飲むのは少々飲みにくいと感じる人もいるかと。

紅茶で割っても甘くないミルクティーのような味で、割って飲んだり、料理に入れて食べるにはしやすいです。

甘みが欲しい場合は、甘酒などを入れて飲むと飲みやすくておすすめです。

大人のミルクについてーまとめ

大人のミルクは非常に栄養がたくさん摂れるものです。

そのために、栄養が大きく影響する

  • 肌の状態
  • 髪の毛
  • 頭や体の疲労

これらは実際に飲んでみて大きな変化を実感できたことです。

日頃不足しがちな栄養をたくさん摂ることができて、カロリーも低いので、ダイエット中の人も含めてたくさんの人におすすめです。

最後まで読んでいただいた方、せっかくですから一度お試しになってみませんか?

※飲んだことによる変化、体感は個人差があります。

 

 

スポンサーリンク

黒いちごのTwitterはこちら

おすすめの記事